株式会社野沢建築

  • アクセス
  • お電話
  • メニュー

浜松市北区引佐町で、無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を建てる

施工事例

高井郁弘様(37才) 邸 [浜松市北区引佐町]竣工年:平成平成23年10月
子どもの遊びが中心の家

高井様のお父さんは野沢建築の協力業者さんで、息子さんが家を建てたいということで、声をかけていただきました。アパートが手狭になってきて、子供たちの為にひろびろと暮らしたい。実家の土地へ新築したので、おじいちゃん、おばあちゃんも孫と遊べると喜んでいます。

高井様のお父さんは野沢建築の協力業者さんで、息子さんが家を建てたいということで、声をかけていただきました。アパートが手狭になってきて、子供たちの為にひろびろと暮らしたい。実家の土地へ新築したので、おじいちゃん、おばあちゃんも孫と遊べると喜んでいます。

外壁の色にこだわりました。単色では面白くないということで、上部は開放的にホワイトで、下部は鮮やかなブルーで仕上げました。
日当たりの関係で、2階バルコニーで洗濯物を干したいとのことでした。素材感、間取りなどを考慮し、アルミバルコニーとしました。たくさん洗濯物が干せて、大満足です。

母屋より離れを高くしてはいけない」昔からの言い伝えです。その為、建物の高さは特に注意しました。高さを調整することと、デザインバランスを考え、木の梁を見せた天井としました。
木の自然な雰囲気がアクセントになっています。

敷地の関係で、建物の全体の大きさに制約がありました。
限られた敷地の中で、少しでも部屋の面積を大きくとるために、リビング階段としました。そのリビング階段の入口には建具をつけ、冷暖房時効果に配慮しました。

子どもさんたちも喜んでくれています。
アパートでは絶対できませんでしたが、うれしくて家中走り回っています。
おじいちゃん、おばあちゃんの家もすぐそばなので、それもうれしいようです。