株式会社野沢建築

  • アクセス
  • お電話
  • メニュー

浜松市北区引佐町で、無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を建てる

施工事例

鈴木 陽介様(29才)麻衣様(27才) 邸 [浜松市北区引佐町]竣工年:平成平成26年12月
田舎でくつろぎのんびり平屋。太陽光6kw搭載。

鈴木様ご夫婦との出会いは、弊社イベントへご来場いただいた時でした。<br />当時はまだご結婚前で、家の打ち合わせと結婚式の打ち合わせ、またお仕事と3つのことが同時進行で大変だったと思います。ただ、お二人のとても熱い思いが伝わってきて、私も負けないように一生懸命に考え、共に創り上げていきました。<br />とても満足いただけて、私もうれしいです。

鈴木様ご夫婦との出会いは、弊社イベントへご来場いただいた時でした。
当時はまだご結婚前で、家の打ち合わせと結婚式の打ち合わせ、またお仕事と3つのことが同時進行で大変だったと思います。ただ、お二人のとても熱い思いが伝わってきて、私も負けないように一生懸命に考え、共に創り上げていきました。
とても満足いただけて、私もうれしいです。

新築場所は田舎でした。田舎の雰囲気の中で、家の存在が浮いてしまわないように、かつ飽きのこない外観にということで、和モダンのイメージとしました。
夏の日射を防ぎ、冬の日射を取り入れるよう、また、多少の雨でも洗濯物を干せるように、軒を長くとりました。

床材は地元天竜杉。麻衣さんが特に木が好きで、杉の木目、節の雰囲気に一目惚れされました。壁材も塗り壁仕上げで、自然素材をふんだんに使い、シンプルの中に木が映える空間となりました。
一部壁を濃色のアクセントウォールとしたところもオススメです。

リビングは畳で!と陽介さんのリクエストでした。畳に座ったり、寝転んだり、コタツでゆっくりとできる空間となりました。さらには畳を小上がりとし、床下空間の有効利用として、引出収納をつけました。これで小物もすっきりです。

こだわりの手洗い器です。「おしゃれな居酒屋のイメージにしたい」とのことでした。様々なメーカーを捜し、ようやくたどり着いたのがこの洗面と水栓です。さらには、カウンターもこだわりの桧の一枚板。材木屋さんにたまたま眠っていた板を見つけて、提案させていただきました。
本物であるからの木の節の雰囲気がとても味があります。