寒い家と暖かい家。

投稿日:2014年12月05日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

やっぱり暖かい家に住みたいですよね!

暖かい家と家族

12月に入り早1週間。
今年もあと1ヶ月を切りました。
朝晩はとても冷え、朝の暖かい布団から
なかなか出られない今日この頃です。

突然ですが・・・
冬が寒いのは当たり前ですか?
冬に「家」が寒いのは当たり前ですか?

冬が寒いのは自然の現象ですので当たり前ですが、
冬に「家」が寒いのは当たり前ではないと思います。

何となく今までがそうだったから=当たり前と
考えてしまっているのが現状だと思います。

最近参加した、勉強会での話ですが、
欧米各国では、冬の期間に室内を暖かくすることを
推奨しており、室温と健康との関係の研究もあり、

断熱性能が高く、家の中での各部屋の温度変化の少ない、
暖かい家は健康につながるとのことです。

逆に、断熱性能が低く、家の中での各部屋の温度変化の大きい、
寒い家は危険だという認識を多くの人が持っているとのことです。

この違いは、欧米では、セントラルヒーティングといった
家全体を暖めることが、主流だったのに対して、
日本では、コタツや火鉢などといった部分的に温めることが
主流だったことが起因しているようです。

現在の日本では、ヒートショックで年間1万人以上の方が
お亡くなりになっています。
とても悲しいことですが、現実です。

皆さんも今の生活を思い出してみてください。

お風呂は暖かいけど、脱衣室は寒くないですか?
リビングは暖かいけど、トイレは寒くないですか?

実は、これらがヒートショックの原因となり、
これからの冬場は特に温度差が大きくなるため、
注意が必要になります!!

では、今の日本の住宅ではどうなのか?

最近の、省エネ、高断熱化の影響で、暖かい家は増えてきています。
ただ、やはりまだまだ冬に寒い家が当たり前に造られていて、
消費者側も、施工者側も「冬は寒いという当たり前の感覚」で
進めていっていることも現状です。

まずはサッシにこだわりましょう!!

身近な所からですと、まずはサッシです。
今のこの時期に窓に結露が発生しませんか?
結露は「温度」「温度差」「湿度」が大きな発生原因です。

住宅において、熱の移動は窓が約50%。
屋根が20%。外壁が20%。その他10%位です。

冬に暖房によって暖められた室内の空気は、
外の冷たい空気が窓に伝わり、室内の熱を逃がしていく。

夏場は逆の動きとなり、かなりの割合で、
窓から熱の移動が行われています。

昔は「シングルガラス(単板ガラス)」が標準でしたが、
現在では「ペアガラス(複層ガラス)」はどこでも標準装備。

「アルミサッシ」より断熱性の高い「樹脂サッシ」。
最近では「樹脂サッシ+トリプルガラス(3層ガラス)」の
サッシも出てきています。

新築後、簡単に取り替えることのできないサッシは、
特にチェックが必要な項目です。

野沢建築では、
暖かい家に暮らしていただくために、

熱の移動の少ない点や、ガラスだけではなく
サッシの枠にも結露の発生しにくい点から、
「樹脂サッシ+複層ガラス」をオススメしております。

結露が少なくなると、カビや汚れも付きにくくなる=アレルギー
物質も少なくなる。
こんな効果も期待できます!

また、リフォームでも既設サッシの内側に取り付ける、
「内窓」も断熱、防音効果抜群です!!
お風呂、脱衣場、もちろんリビングにも取付可能ですよ。

もちろん断熱工事も大切です。

やはり暖かい家にするには、「断熱工事」も大切です。
昔の住宅は、断熱材という概念がありませんでした。

床は無垢材、床下は断熱材なし。
壁面は土壁、屋根は瓦の下に土。
無垢材や土が断熱材代わりとなり、ある程度の断熱は出来ていました。

といっても、木製のサッシや障子、床下の隙間など、
あらゆるところからの隙間風が当たり前で、

さらには、コタツや火鉢などの部分的な暖房の為、
結露が発生することはほとんどありません。

ただ、私の実家(築80年)もそうですが、

本当に寒いです!!

現在では、
どのお宅も床・壁・天井と、断熱材はもちろん入っています!
それでも、冬に寒い家は出来てしまうのです。

それは、とりあえず断熱材入れとけば大丈夫!とか、
今までよりも良いものを入れてあるもんで大丈夫!!とか

何が大丈夫か分かりませんが、
冬は寒くて当たり前な感覚のまま施工している場合です。

暖かい家を造るために、と考えると、
断熱間の隙間をなくし、しっかりと隅々まで、
高断熱性能の断熱材を使用する。

「セルロースファイバー」など、吹付系の
断熱材をオススメしています。
セルロースファイバーの原料は新聞紙ですので、
体にも優しい仕様となっています。

冬は寒い、でも、暖かい家に住みたい。

私もそう思います。

暖かい家に住むためには、
見えないところにお金をかける!

豪華なキッチン、全自動のトイレ、超大型テレビなど、
高いものはともて格好良く見えます。

断熱材の性能を良くした。
耐震強度を上げた。
見た感じは変わりません。

ただ、家は建ててからがスタートで、
10年、20年、30年と長い期間を
過ごしていくところです。

地盤改良、耐震補強、断熱材など、
眼には見えないところにお金をかける!

長く快適な生活を送るための第一歩だと思います。

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「脱アレルギー」で笑顔あふれる暮らしを創る、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 寒い家 暖かい家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 寒い家と暖かい家。 はコメントを受け付けていません。

住環境から病気が?

投稿日:2014年11月25日 作成者:


こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業83年、引佐町で木造注文住宅専門の
株式会社野沢建築 代表の野沢彰です。

私の家づくり(健康住宅)

私の家づくり 健康住宅

この仕事に就いて42年、
時代の移り変わりとともに、家づくりも大変変わりました。

1・基礎や柱の構造部
2・キッチン、浴室、トイレ、電気の設備部
3・内外装に関わる仕上げ部

構造部にいたっては、コンクリートのベタ基礎に!耐震基準の見直しに!

設備部にいたっては、オール電化、太陽光、機器のハイテク化に!

仕上げ部にいたっては、外装材のサイディングに!ガルバ材の使用に!

しかし、直接健康にかかわる内装材には、
いまだ、合板フローリング、ビニールクロスなど、
石油製品がまだまだ、使用されています。

当時は建材が大変もてはやされ、床、壁、天井、押入れ、
ほとんどがそれらを使っているのが当たり前でした。

完成が近づくしたがって、建物内に入ると目が痛くなり、
早々に窓を開け放さないと、その場いられませんでした。

また、完成引渡の時もお施主様に半年ぐらいは、
(十分換気をして下さいね)と、お願いしていました。

その後30年ぐらい前から、シックハウス、アトピー、
小児ゼンソクなど世間で騒がれるようになりました。

あの時の目の痛さが原因だったのかと、
思うとゾットするし、寒気さえしました。

また、住宅の仕上げ材が原因の一部なら、
家づくりに携わっている事に、大変なショックをおぼえました。

実は、私は四人の子供がいますが、一人はアトピー、
もう一人は小児ゼンソクでした。

特にゼンソクの子には大変な思いをさせてしまい、
本当に申し訳ない想いでいっぱいです。

ゼンソクは昼間には、その症状がほとんど出ません。
夜中0時ごろ、目に涙、鼻はズコズコ、肩で息をするようになり、
(息苦しいよー!)と子供が訴えてきます。

さっそく、聖隷三方原病院に電話をして、緊急外来の申込、
妻と二人で病院まで車で連れて行きます。

病院に着いてもしばらく待ち時間があり、
吸入処置(ゼンソクの治療方法)をしていただく。

すると、その症状は治まり家に帰ってからは
何事もなかったようにぐっすり眠ります。

それも夜中の2時頃でした。
このような生活が中学校ぐらいまで続きました。

この時あたりから、自然素材の大切さを、
身に染みて考えるようになりました。

その後、フォースター(ホルマリンの量が少ない物)
商品が当たり前となり、

目の痛さは、ほとんどなくなりましたが、
まだまだ石油製品の物に包まれているのが現実です。

私の子供のころを思い出してみると。

ほとんど、どの家も構造材は桧、杉、松、の無垢材、畳はわらと井草、
障子は木と和紙、と全て自然素材でした。

着る物にいたってもがほとんど綿でした。

また、私が通った小学校、中学校も木造校舎で 床、壁、天井
窓も木製、はたまた机、椅子に至っても木製でした。

これぞ、自然素材の建物、健康住宅の原点でないかと
つくずく思い出されます。

その頃には、ハウスシック、アトピー、ゼンソクなど
ほとんど聞いたことはありませんでした。

全てを自然素材で作る家が理想です。
しかし現実を考えると経費の点でなかなかそうはいきません。

ならば、お客様と相談し出来る限り自然素材を取り込んで
いただき、家を原因とした病気をなくす。

このことが、家づくりにかかわっている者として、
また、私の子供のような思いをさせないためにも。

この家は 健康住宅です!
と言えるような家づくりを目指していきたいと考えております。

また、それを実践してゆくつもりです。

野沢建築は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着の工務店です。お問い合わせはこちら

カテゴリー: 住環境 病気 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 住環境から病気が? はコメントを受け付けていません。

窓、サッシの重要性!

投稿日:2014年11月18日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

窓、サッシの役割を考えるとさらに快適な生活が送れます。

窓 サッシ

朝、カーテンを開けた時に窓から入ってくる気持ちよくあたたかい光。
一日の始まりを教えてくれる朝日、
一日頑張れそうですね!!

大きい窓は、自然の光だけではなく、
自然の風もたくさん取り入れてくれます。
窓が大きければ大きく、多ければ多くあるほど、
とても心地よい空間に思えます!!

でも、大きいだけの窓を作ってしまうと、
問題も出てきます。

それは、
生活空間が丸見えになってしまうこと、
余計な自然の光まで入ってきてしまうことです。

大きい窓は外の景色が良く見えます。
ということは、外からも中が良く見えてしまうということです。

ですから、外部からの視線を遮り、プライバシーを確保するために、
窓の位置、大きさを考えなければなりません。

周辺の環境やその部屋の使用目的も重要です。

例えば、お風呂やトイレで考えてみます。
基本的には「外部からの視線を遮る窓」が必要ですよね。
その為に、周辺より見えにくい位置、大きさの窓を設置するべきだと思います。

また、リビングでは、
「開放的で明るくなる窓」や「よく風が通るような窓」などが
必要になると思います。

その為に、周囲の視線も考慮しながら、
明るく風の通る位置、大きさの窓を設置するべきだと思います。

寝室は「落ち着いた雰囲気に」とか、
子供部屋は「明るく開放的に」とか、
各部屋をどのように使いたいか明確にすることで、
窓1つでも住環境は大きく変わります。

自然の光を入れすぎないことも重要です。

冒頭にも書きましたが、
朝日はとても気持ち良いですよね!

でも、真夏の日中のギラギラとした光や、
夕方の西日のジリジリとし光。
皆さんは、家へふんだんに取り入れたいですか??

やはりそこには自然の光のコントロールをする必要があります。

コントロールと言っても、自然の光そのものを変えることは
出来ないので、窓の種類、ガラスの種類、窓周辺設備等で、
対策を考える必要があります。

窓の種類では、
「普通の窓」と言われる、引違い(ひきちがい)窓。
その他、縦すべり窓、横すべり窓、上げ下げ窓、
突き出し窓、内倒し窓、FIX窓などなど。
それぞれに特徴があり、用途、場所によって変える方法。

ガラスの種類では、
「ペアガラス」という、2枚のガラスの間に空気層のあるガラス、
「LOW-Eガラス」という、金属膜フィルム付ガラスなどを採用する方法。

窓の周辺設備では、
軒の長さを長くしたり、庇(ひさし)、キリヨケをつけたり、
すだれやシェード、ブラインドをつけたりして、
室内へ差し込む日差しの量を調節する方法。

これらの方法で、
室内へ入る、自然の光をコントロールします。

自然の光のコントロールの簡単なイメージは、
真夏のギラギラ太陽の光や熱はなるべく入らないように、
冬のポカポカ太陽の光や熱はたくさん入るようにする!!
こんな感じです。

実はこれらは、住宅業界で最近よく言われている
「パッシブデザイン」という考え方の中の一つです。

この考え方自体は特別難しいことではなく、
昔ながらの日本家屋では、ほとんどがこの様な造りになっています。
数値には表せないような、先人の「知恵」や「経験」が
受け継がれ、進化してきた結果、この形や考え方になったのだと思います。

日本家屋

昔ながらの良いものや考え方から学び、
最新の良いものや考え方と融合して、
現代の生活のあった家を。
そんな家づくりをしています。

住宅には当たり前についている「窓」
その窓1つでさらに快適な生活に!
そんな窓のことを一緒に考えてみませんか?

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「脱アレルギー」で笑顔あふれる暮らしを創る、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 窓 サッシ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 窓、サッシの重要性! はコメントを受け付けていません。

自然素材=高いって本当?

投稿日:2014年11月11日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

自然素材は高いってどこまでが本当のこと?

自然素材

皆さんのなかにも「自然素材=高い」というイメージを
抱かれている方がいると思います。

確かに、健康や自然素材ブームで、イメージが優先し、
農作物は無添加、衣服も無添加、何から何まで自然素材!
この業界に限らず、「自然素材=高い」というのが、
当たり前のようになっています。

でも、自然素材って本当に高いの??

住宅においての自然素材とは、
「無垢材」や「珪藻土(けいそうど)、漆喰(しっくい)などの塗り壁」に当たります。

ベニアを貼り合わせた「合板のフローリング」や
塩化ビニル製の「クロス」などの新建材に比べたら、
自然素材は材料費も高いし、施工の手間も余計にかかってしまいます。

結果、やはり割高になります!

ただし、これには注意が必要です!

一見すると安い「合板フローリング」ですが、
自然素材に比べると寿命は短く、10~15年位で、
表面の板がめくれてくることがあります。
物を落として傷がついたり、シートがはがれたりしたときの
補修方法は、業者を呼んで大掛かりな補修工事か、
または、床材の貼り替えとなります。

これは、塩化ビニル製の「クロス」も同じで、
自然素材に比べると寿命は短く、10~15年位などで変色し、
はがれてくることがあります。
やはり、内装業者によるクロスの貼り替えが必要となります。

その点、自然素材は、
「無垢材」の場合、耐久年数は50年、100年と言っても
過言ではないと思います。
昔ながらの住宅の床板を思い出してください。

傷や汚れがつけば、削る、磨くなど、
相当深い傷ではなければほぼ元通り!
すべて本物の木でできている「無垢材」ならではです!!

また、「珪藻土(けいそうど)などの塗り壁材」も、
静電気が発生しにくく、汚れが付着しにくいですし、
細かな傷であれば自分で補修もできます!

新建材は、
「施工した時が最高の状態」、「経年劣化」、

自然素材は、
「施工した時がスタート」、「経年美化」だと思います。

野沢建築も、
住宅は完成お引渡しがゴールではなく、
完成お引渡しがスタートだと考えています!
自然素材と同じです!!

新築後10年~15年で最初のメンテナンス時期が来て、
その後も長く持たせるためには、
長期的なメンテナンスは必要となってきます。

そんな時、自然素材で「経年美化」を楽しみながら、

「この傷はあの時の・・・」

傷も味や思い出になる無垢材をオススメします。

健康についても考える必要があると思います。

前回の弊社社長ブログ、
「あなたの家の住環境は自然素材?」にも記載してありますが、
新建材には、シックハウス、アトピー、喘息などの原因物質が
含まれている場合があります。

わたし自身もアレルギー体質で、
新建材の家づくりをして、アレルギーにより辛い体験もしました。

健康がやはり一番の基本です。
健康であるからいつもの生活ができる。
そんな健康な生活を送るためには、
生活の基本である家が健康である必要があると思います。
健康はお金では買えません!!

「自然素材は高い?」

お金の価値観は人にそれぞれ違います。
永く愛着を持って暮らしていく家。
健康に配慮し、安心、安全に暮らせる家

ここに価値をみいだせないのであれば、
やはり「自然素材=高い」となってしまうかもしれません。

自然素材の家づくりで、笑顔あふれる暮らしを迎えたい方。
新建材との差額で考えれば、自然素材を使っていただくことができます。
そんな家づくりのサポートができればと思っております。

野沢建築は、自然素材をふんだんにつかって、
笑顔のある暮らしを創る、創業83年の地域密着工務店です。

親(父)、子(私)、叔父と大工職人2人の小さな工務店です。
一軒一軒丁寧に、情熱を持って仕事をしています!
こんな私たちで何かお役にたてることがありましたら、ご相談ください。お問い合わせはこちら

カテゴリー: 自然素材 高い | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材=高いって本当? はコメントを受け付けていません。

あなたの家の住環境は自然素材?

投稿日:2014年11月06日 作成者:


こんにちは!
おかげさまで3代目。
創業83年、引佐町で木造注文住宅専門の
株式会社野沢建築 代表の野沢彰です。

自然素材で自ら住環境を変えましょう。
無垢の杉板珪藻土
今年春、築30年住宅の大規模リフォーム工事をさせて頂きました。
テレビのビフオー・アスター並みのリフォーム工事でした。

お施主様には、仮住まいに引っ越していただき、
内部間取りの変更、外部塗装の塗替え等、屋根瓦以外は全てのリフォーム工事です。

これだけの工事になるといろいろなチャンスがあります。

1・住宅の耐震診断とその補強工事。
2・普段目にする事の出来ない、床下・天井裏の点検とその補修工事。
3・旧建材との決別・新素材(自然素材)の採用。
4・内装のイメージチェンジ。
5・最新エコ設備・省エネ工事の導入。

おおむね上記のような項目が考えられますが。

このようなリフォームで私のお勧めは、
自然素材の使用です。

構造の問題は、必須項目で専門家に任せるしかありませんが、
自然素材の取り入れは、毎日の生活に於いて即健康に係る問題です。

過去に於いては新建材の名の元、ホルムアルデヒドを含んだ素材が、
ごく当たり前として使用されていました。

工事が進むにつれて、朝現場に行くと目が痛くすぐに窓を開けないと
その場いられないほどでした。

また完成引き渡し後も半年ぐらいは、十分換気をして下さいね、
とお願いしてきました。

この頃からです、シックハウス、アトピー、小児ゼンソク、
これらが、住宅の環境からの問題であると言われ出したのには、
今想いおこすと何かゾットして、寒気を覚えます。

今回、工事をさせて頂いたお客様に自然素材の提案をし、
その内、1,2階すべての床を自然乾燥の杉の無垢材の採用。
和室壁に珪藻土(ケイソウド)を採用していただきました。

但し、自然素材には、欠点もあります。

特に杉の床板は、傷になりやすく継ぎ目が季節によって
大きくなったり小さくなったり変化します。

これらは無垢材の特性で素材が生きている証拠ですよと
ご理解を頂いた上の採用でした。

完成後お客様より
【素足で歩くととても気持ちがいい!】

【家中が杉の香りがして何かさわやかな気分です。】

【夏に床にゴロリと寝そべると、なんともいえないすっきり感がする。】

【ご近所の方が訪ねてくると

(木の香りがする家でとても気持ちよさそうですね!)
と言って見た目の褒め言葉ではなく、嗅覚での感想を言ってくださる。】

このような言葉をお客様から頂いてお勧めして良かったと
つくづく感じました。

新築工事に於いてもこの自然素材の使用については、
少しの予算プラスで、住環境の確保が出来ます。

家は、末永く住む所です、構造は専門家に任せるしかありませんが、
住環境は、お客様自身が考え実行できるのです。

もちろん専門家の意見提案も参考に自分と、自分の家族の気持ち良い環境、
家族の健康を考慮した住宅を造っていく事が大事ではないでしょうか!

弊社では、現在自然素材を存分に取り入れた住宅を新築完成しました。
このお宅は、全て息子の理(おさむ)が提案し、お客様と共に設計したものです。

床は、オール無垢の杉板材で、壁・天井も調湿材(パーフェクトウオール)の塗り壁
自然素材で包まれた、まさに健康住宅と言えるでしょう。

お客様のご協力の元。
11月22日(土)、23日(日)

【自然素材の家】見学会を予定しています。

詳しくは、後日ブログ、新聞チラシ等でご案内いたします。
自然素材に関心のある方、住宅環境をお考えの方。

他に、太陽光発電、省エネ工事、収納のこだわり、
各所に (な る ほ ど)と思える家になっています。

ご来場を心よりお待ちしています。

野沢建築は、自然素材を多用した
笑顔いっぱいの、気持ちいい家を造る
地域密着の工務店です。お問い合わせはこちら

カテゴリー: 自然素材 住環境 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | あなたの家の住環境は自然素材? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:053-542-0328 受付時間:平日8:30~17:30(定休日:日曜)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP

プロフィール

家づくりは「ライフプラン」、「資金計画」から! 無理なプランによる「夢を削る」家づくりではなく、今できる最大の「夢を膨らませる」家づくりをお施主様と共に考えていきます。 「好きなものに囲まれた暮らし」自然素材をふんだんに使った家づくり 株式会社野沢建築 3代目代表の野沢彰。4代目予定の息子理(おさむ)のアレルギー経験、アレルギーを持つ親としての私の経験。そんな経験を元に「同じ想いをさせたくない」。地元引佐で愛され、創業84年。地元密着の小さな工務店。

投稿者別

Calendar

2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(野沢 彰)

Facebook(野沢 理)

twitter

  • nozawa akira
  • nozawa osamu

facebook

最近の投稿

カテゴリー