» 間取りのブログ記事

暮らしやすい間取りづくり、5つのポイント

投稿日:2017年09月01日 作成者:


「日当たりの良いLDKが欲しい。」
「家事導線を考えて、使いやすい家にしたい。」
「収納もたっぷり欲しいよね。」

と、自分たちが実際に暮らすことを想像して、
間取りを考えているときは本当に楽しいですよね。

ただ、その反面、
考えた間取りで実際に生活したことはないし、
「本当にこの間取りで大丈夫…?」と、
不安な気持ちもあると思います。

間取りづくりは本当に難しいと思います。

そこで、
「暮らしやすい間取りづくり、5つのポイント」を
お伝えします。

暮らしやすい間取りのポイント1 優先順位が大切
しあわせ家族

本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

まずは優先順位をつけてください。
一番大切なポイントです。

家づくりをお考えの際、
どうしても細かな要望にとらわれてしまう傾向にあります。

例えば、
「対面式キッチンがイイ。」とか、
「パントリーが欲しい。」とか、

もちろんこの要望も家づくりにおいては、
とてもことです。

ただ、間取りづくりのスタートは、

「絶対にゆずれないこと。」
「あとからでは変えられないこと(2FにLDKなど)」

これらのことに最優先に考え、
全体の希望に優先順位をつけてください。

そうすることで、
「本当にゆずれないこと」や、
「プランや予算によって、変えても良いこと」の整理ができ、

念願の、本当に快適な暮らしができると思います。

暮らしやすい間取りのポイント2 希望と予算のバランス

「予算が少ないと理想の家ができない」という言葉は、
本当でしょうか??

確かに、
予算に上限がない方でしたら、
どのような場所に、どのような建物でも
建てることができてしまうと思いますが、

実際に、土地から建物まで、
すべての希望が満たされている方は、
ほとんどいません。

やはり予算がある中で、
皆さん家づくりをされています。

そこで大切なことは、

「ゆずれないこと」と「ゆずれること」の
バランスです。

先ほどつけていただいた、
「ゆずれないこと」の優先順位の逆で、

「ゆずれること」にも順位をつけてください。

例えば、
「キッチンは対面じゃなくてもいいかな。」や、
「トイレは一か所でもいいかな。」などです。

もちろん、
「ゆずれないこと」を満たすだけでは、
家づくりはできませんが、

順位付けをして、バランスを考えることで、
今ある予算の中での快適な家に近づくと思います。

そして、
現在「ゆずれること」に、
将来対応できるように考えておくことも大切です。

暮らしやすい間取りのポイント3 将来の変化への対応

家づくりは、1~3年。
もちろん5年、10年と計画されている方もいます。

ただ、
その家での生活は30年、50年、100年以上の方も。

将来を考えて、
「部屋を仕切ることができるように」
その反対で、
「部屋を一つにできるように」

考えることはとても大切なことで、
僕もプラン作成時には提案させいただいていますが、

あの場合、この場合と、
将来を考えすぎて、
今の生活が不便になってしまったら、本末転倒ですよね。

目安は、
1~2パターンぐらいとして、
シンプルな間取りがおすすめです。

暮らしやすい間取りのポイント4 決めること,任せること

「お任せください!!」

家づくり。
お施主様のご要望をしっかりとヒアリングし、
近隣の環境、日射、採光など、
様々な状況を考え、最適なプランをご提案します。

「ああしたい、こうしたい」は、当然あると思います。
もちろんドシドシとお伝えください!

ただ、
ご要望通り変更することで不便になったり、
建物が強度的に弱くなったりと、

どうしてもお勧めできないところはあります。

そのあたりは、
建築のプロである僕たちの経験にお任せください。

任せていただけるとより頑張っちゃます。笑

暮らしやすい間取りのポイント5 素材は性能を考えて

無垢の床材に、
珪藻土などの塗り壁、
外壁にも木材や塗り壁仕上げ。

ウッドデッキも無垢の材料で、
外の手すりや金物もアイアンで。

年を重ねることに味が出て、
10年後の経年変化を楽しめそうですね。

ただ、
外部の木材は経年変化を楽しめますが、
やはりメンテナンスの頻度と手間はかかります。

素材にはメリットもあればデメリットもあるので、
その素材の持つ性能を考えて、
適材適所への使用を考えることが大切です。

いかがでしたでしょうか??

暮らしやすい間取り、5つのポイント。
百人いれば百通りある間取り。
地域も、環境も、家族構成も全く違うなかで、
間取りの正解はありません。

暮らし始めてから、
ずっと快適な生活をするために、

現在の優先順位をつけて、
将来を考えて、
その思いを僕たち建築のプロにぶつけてください。

今までの経験から、
最適なプラン、暮らしのご提案をいたします。

私たち野沢建築は、
自然素材を標準仕様とし、
自然素材をふんだんにつかい、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。
無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 暮らしやすい 間取り | タグ: , | 暮らしやすい間取りづくり、5つのポイント はコメントを受け付けていません。

シューズクロークと玄関はスッキリがポイントです。

投稿日:2015年12月09日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

玄関回りはモノが多いですよね。
シューズクロークと玄関

12月に入り、年末の大掃除の時期が近づいてきました。

私は今年念願のマイホームを建てて、
新居での生活を始めました。

今年の年末は引越し後初めての大掃除です。

妻と大掃除の計画を立てている時に、
ふと思いました。

「玄関周りって意外とモノが多いなぁ。」と。
皆さんも感じたことありませんか?

私の自宅にはシューズクロークを設けていますが、
シューズクロークを含め、
玄関周りにあるものと言うと、

いつもはく靴はもちろん、
サンダルにブーツに革靴に。

しかも一人一足なんてことはないので、
4人家族で20足以上・・・。

靴以外にも、
ほうきにちりとりに、
子どものおもちゃや金魚の水槽などなど。

タープや工具などもあります。

シューズクローク含め、
玄関周りは実は様々なものが集まる空間です。

以前、アパートに暮らしていた時は、
玄関周りがものに溢れていました。

本当に欲しいものが玄関に置けず、
泣く泣く奥にしまっては必要な時に出す。
そんなとても不便な暮らしをしていました。

毎日使うモノは使うところの
近くに収納したいして、
すぐ使えるようにしたいですよね。

そこでシューズクロークの出番です。
玄関横に1~3畳程度の空間を設け、
必要なモノを収納できるようにする。

例え1畳でも空間があると、
玄関周りの必要なものが収納でき、
スッキリとした玄関になると思います。

玄関・シューズクロークを考える際の
一つ目のポイントです!

家づくりや間取りを考える際には、
必要なものを必要な箇所にしっかり収納できるように
計画しておくことが重要です。

その為には、
収納したいもの、収納したい箇所を
リストアップすることから始めて下さい。

「あれはここに置きたいな。」
「これはここにあった方が便利だな。」

そのリストを持って私たち工務店へご相談ください。
過去のお客様の例や実際に使っている経験を元に、

収納の計画を考えていきます。

ちなみに、
シューズクロークを設置していただいた
実際のお客様の声をお伝えさせていただきます。

「雨の日に濡れちゃったコートを
乾かすことができて便利」とか、

「玄関で使いたいものをすべて玄関に出しておくと、
ごちゃごちゃしちゃうけど、
普段はシューズクロークにしまっておいて、
必要な時に出せば、本当に玄関がスッキリ。」

ほんの一例ですが、
大変喜んでいただき、
このような声をいただいております。

もう一つポイントがります。

「人は見た目が9割」

これは今、私が受講している
セミナーにて教えていただいた内容です。
そしてとても共感しました。

内容は、
「人の印象は見た目で9割決まる!」
さらには、

初めて会った時のわずか3秒で
良くも悪くも第一印象が決まる!!
とのことです。

衝撃的な内容ですよね。
人間の心理ではこのようになるそうです。

少し話がそれてしまいましたが、
これを家に置き換えてみると、

家で最初に見るところはどこですか?

そう、玄関ですよね。

「人は見た目が9割」は
「家も見た目が9割」とそのまま
置き換えるとこができると思います。

ごちゃごちゃした玄関だと
家全体の印象も悪くなります。

スッキリとした玄関だと、
家全体の印象も良くなります。

玄関をスッキリ!
単純ですが、計画の際には重要なポイントです。

夢のマイホーム。
お友達やお客様にも印象の良い、
気持ちの良い空間としたいですよね。

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。お問い合わせはこちら

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。無料の資料請求はこちら

カテゴリー: シューズクローク 玄関 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | シューズクロークと玄関はスッキリがポイントです。 はコメントを受け付けていません。

自然素材は当たり前?新築住宅

投稿日:2015年09月11日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

知っていました?
建築のプロの自宅には当たり前に
自然素材が使われていることを。

自然素材の暮らし

家づくりでの自然素材というと、
無垢のフローリング、珪藻土、漆喰だと思います。

実はこの自然素材、
建築のプロの自宅では、
かなりの割合で
使われています。

知っていました?

ただ、建築のプロが設計している、
または売っている住宅には、

自然素材ではない、
ビニールクロスや合板のフローリングなど、

新建材と呼ばれるものが
当たり前に、普通に使われていることがあります。

これも知っていました?

様々のものを見て、聞いて、使ってきて、
その経験の中で良いものだから自宅には使う。

ただ、自宅に使っていないのに、
お客様の家には積極的に新建材を使っている。

やはりおかしいですよね。

なぜそうなってしまったかというと、
そこには原因があります。

まず一つ目は、
コストです。

週末のチラシを見ると、
「新築住宅がなんと坪○○万円~!?」
「税込○○○万円で夢の新築住宅!?」

このようなチラシを見られたことはありますか?
(実はほとんどはこのままの金額では建てることができません)

いかに住宅を安く消費者に
提供できるということをアピールし、
コスト優先の家づくりを突き詰めていくと、

施工は簡単、材料のコストも
抑えることの出来るものを、
積極的に使用していくこととなります。

その結果、
合板のフローリング、ビニールクロスが
当たり前に標準仕様となってしまっているのが原因です。

ただし、
コストは抑えることができたけど、
その他の問題があります。

シックハウスの問題です。

夢の新築住宅に住まれた方が、
頭痛、めまい、吐き気などの症状が出てしまい、
とてもそのままでは住むことができないし、

住んでいても余計体調が悪くなってしまう。
購入時のコストを抑えることができましたが、
その後に大変な生活が待っているとなると、
これでは本末転倒です。

もう一つの問題として、
施工性です。

合板フローリングやビニールクロスは、
基本工場で大量生産、加工をしてあります。

その為、材料の変形なども少なく、
職人として少し経験のある方でも、
比較的簡単に施工できます。

逆に、
無垢のフローリングや珪藻土、漆喰などの自然素材は、
生きていますので、変形もしますし、
材料のクセもあります。

これらは、
経験のある職人でなければ施工できません。

コストを抑えて早く、たくさんの家を作る。
100件の家で同じレベルの施工性を確保しようとすると、

職人歴20年の方でも、
職人歴3年の方でも、
誰がやってもできて、

比較的簡単な仕様にしなければなりません。

その為、
合板フローリングやビニールクロスが
標準仕様として使われてきたのです。

でも、やはりこれはおかしいと思います。

作る側、施工する側の都合で、
家の仕様が決まってしまう。

もしかしたら体験された方がいるかもしれませんが、
家づくりで決めるのは、
間取りと使う材料の「色」だけで、

使う「素材」はどのようなものを使うか、
決めることもできない。

使う釘まですべてを細かくみていくことは、
不可能に近いと思うし、
そんなことをしていたら家は出来ません。

肌に触れる、五感で感じる部分、
床、壁、天井、畳など
これらの部分は本物の自然素材をオススメします。

本物は、肌触り、香り、質感、味、
全く違います。

最初にも言いましたが、
建築のプロの家は当たり前に使われています。

家には当たり前に自然素材を取り入れて下さい。

私たち野沢建築では、
当たり前に自然素材を使っています。

それは、
自然素材が好きですし、気持ちが良いからです。

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。お問い合わせはこちら

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 断熱材 断熱性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材は当たり前?新築住宅 はコメントを受け付けていません。

自然素材は当たり前?新築住宅。

投稿日:2015年09月11日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。自然素材の暮らし

知っていました?
建築のプロの自宅には当たり前に
自然素材が使われていることを。

家づくりでの自然素材というと、
無垢のフローリング、珪藻土、漆喰だと思います。

実はこの自然素材、
建築のプロの自宅では、
かなりの割合で
使われています。

知っていました?

ただ、建築のプロが設計している、
または売っている住宅には、

自然素材ではない、
ビニールクロスや合板のフローリングなど、

新建材と呼ばれるものが
当たり前に、普通に使われていることがあります。

これも知っていました?

様々のものを見て、聞いて、使ってきて、
その経験の中で良いものだから自宅には使う。

ただ、自宅に使っていないのに、
お客様の家には積極的に新建材を使っている。

やはりおかしいですよね。

なぜそうなってしまったかというと、
そこには原因があります。

まず一つ目は、
コストです。

週末のチラシを見ると、
「新築住宅がなんと坪○○万円~!?」
「税込○○○万円で夢の新築住宅!?」

このようなチラシを見られたことはありますか?
(実はほとんどはこのままの金額では建てることができません)

いかに住宅を安く消費者に
提供できるということをアピールし、
コスト優先の家づくりを突き詰めていくと、

施工は簡単、材料のコストも
抑えることの出来るものを、
積極的に使用していくこととなります。

その結果、
合板のフローリング、ビニールクロスが
当たり前に標準仕様となってしまっているのが原因です。

ただし、
コストは抑えることができたけど、
その他の問題があります。

シックハウスの問題です。

夢の新築住宅に住まれた方が、
頭痛、めまい、吐き気などの症状が出てしまい、
とてもそのままでは住むことができないし、

住んでいても余計体調が悪くなってしまう。
購入時のコストを抑えることができましたが、
その後に大変な生活が待っているとなると、
これでは本末転倒です。

もう一つの問題として、
施工性です。

合板フローリングやビニールクロスは、
基本工場で大量生産、加工をしてあります。

その為、材料の変形なども少なく、
職人として少し経験のある方でも、
比較的簡単に施工できます。

逆に、
無垢のフローリングや珪藻土、漆喰などの自然素材は、
生きていますので、変形もしますし、
材料のクセもあります。

これらは、
経験のある職人でなければ施工できません。

コストを抑えて早く、たくさんの家を作る。
100件の家で同じレベルの施工性を確保しようとすると、

職人歴20年の方でも、
職人歴3年の方でも、
誰がやってもできて、

比較的簡単な仕様にしなければなりません。

その為、
合板フローリングやビニールクロスが
標準仕様として使われてきたのです。

でも、やはりこれはおかしいと思います。

作る側、施工する側の都合で、
家の仕様が決まってしまう。

もしかしたら体験された方がいるかもしれませんが、
家づくりで決めるのは、
間取りと使う材料の「色」だけで、

使う「素材」はどのようなものを使うか、
決めることもできない。

使う釘まですべてを細かくみていくことは、
不可能に近いと思うし、
そんなことをしていたら家は出来ません。

肌に触れる、五感で感じる部分、
床、壁、天井、畳など
これらの部分は本物の自然素材をオススメします。

本物は、肌触り、香り、質感、味、
全く違います。

最初にも言いましたが、
建築のプロの家は当たり前に使われています。

家には当たり前に自然素材を取り入れて下さい。

私たち野沢建築では、
当たり前に自然素材を使っています。

それは、
自然素材が好きですし、気持ちが良いからです。

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。お問い合わせはこちら

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 断熱材 断熱性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材は当たり前?新築住宅。 はコメントを受け付けていません。

どこに頼めばよいの?満足のいく家づくり

投稿日:2015年07月31日 作成者:


こんにちは!
本物の自然素材をつかって「暮らし」「素材」から考える家づくりをしている、
静岡県浜松市 株式会社野沢建築、野沢理(おさむ)です。

家づくり「どこに頼めばよいの?」
最初の悩みだと思います。

どこに頼めばよいの?

フィーリングの合うところ、人に頼んでください。

いきなりですが結論です。
やはり何事にもフィーリングが大切です。

例えば、美容院に初めて行く時、
まずは自分の好きな雰囲気のお店を選びますよね。

こんな風にしたい、こんな悩みを解決したい、
そんな想いも持って来店し、
担当者がつくと思います

技術はもちろんですが、
重要なことは、
担当者とのフィーリングではないでしょうか?

家づくりにおいても、
想いを共有してくれるところ、人。
言いたいことを言い合えるところ、人。

フィーリングの合うところ、人に頼んでください。

とは言うものの、
人生で一番の買い物の家をフィーリングだけでは、
決めることはできないと思います。

しかも、会社に行ってもいないのに、
担当者にあってもいないのに、
フィーリングが合うか合わないかなんて
分からないですよね。

そこで、
まずは家づくりを行っていることころの、
特徴を知ることが第一歩です。

一般的に、
家づくりを行っているところは、

・ハウスメーカー
・設計事務所
・工務店

と、大きく3種類に分かれます。

まずは、ハウスメーカー。

TVのCMや週末に入ってくるチラシ、
または、住宅展示場などにモデルハウスがあるのが、
ハウスメーカーに当たります。

特徴として、
・モデルハウスがあるので仕上がりのイメージがしやすい。
・大手企業が多いので安心感や信頼感がある。
・最新情報や、最新設備をいち早く取り入れている。
・規格化されているので工期が短い。

このあたりがメリットと言われています。

また、デメリットとして、
・費用が高い(広告宣伝を大々的に行っているので)
・設計、デザインの自由度が低い。
・自社オリジナル商品を使っているところが多い為、
それ以外の商品が使いにくい。
・担当者がすぐ変わってしまう。

このあたりが言われています。

つぎに、設計事務所。

TV番組の「ビフォーアフター」や「ドリームハウス」などで、
よく見ることがあると思います。

○○○設計事務所、○○○一級建築士事務所などが
設計事務所に当たります。

特徴として、
・フルオーダーの家ができる。
・狭小地や変形地など、どんな工法でどんな土地にも対応できる。
・総合的な知識で幅ひろい提案がある。

このあたりがメリットと言われています。

デメリットとしては、
・費用が高い(設計料がかかる)
・工期が長い。
・設計、施工以外のことが分からないことがある。
・施工、アフターは、基本別会社が行っている。

などが言われています。

最後に、工務店です。

多くは社長を含め10人前後で、
地域密着で商売している会社が工務店に当たります。
私たち野沢建築も工務店です。

特徴として、
・地域密着なので、家の引き渡し完成後も気軽に相談できる。
・社長の顔が見える。安心感。
・全体の費用をおさえることができる。
・職人も地元の方が多いので、安心。
・伝承してきた技術がある。

このあたりがメリットです。

デメリットとしては、
・最新の技術や設備などの提案がない。
・工期が長い。
・工期が延びることがある。
・規模が小さいので倒産の恐れがある。

などが言われています。

まずは、各業種の特徴を把握し、
自分たちの考え方に近い業種の会社へ
相談することが第一歩です。

相談する会社が決まったら、
やはり最後は「人」が大切です。

資金計画、ライフプラン、土地決め、
間取り、施工、完成後のアフターと
すべてにおいて人が関わります。

家づくりは1~2年程度ですが、
完成後は30年、50年と、
長く住まれる方がほとんどだと思います。

長く快適に満足のいく家に住むには、
想いを何でも言える人、
家においてすべてを任せられる人など、

フィーリングが合う人にお願いすることが
大切だと思います。

私たち野沢建築は、自然素材をふんだんにつかい、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。

お問い合わせはこちら

野沢建築では、「笑顔あふれる暮らしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。

無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 冷える | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | どこに頼めばよいの?満足のいく家づくり はコメントを受け付けていません。
123

お電話でのお問い合わせ:053-542-0328 受付時間:平日8:30~17:30(定休日:日曜)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

家づくりは「ライフプラン」、「資金計画」から! 無理なプランによる「夢を削る」家づくりではなく、今できる最大の「夢を膨らませる」家づくりをお施主様と共に考えていきます。 「好きなものに囲まれた暮らし」自然素材をふんだんに使った家づくり 株式会社野沢建築 3代目代表の野沢彰。4代目予定の息子理(おさむ)のアレルギー経験、アレルギーを持つ親としての私の経験。そんな経験を元に「同じ想いをさせたくない」。地元引佐で愛され、創業84年。地元密着の小さな工務店。

投稿者別

Calendar

2017年9月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(野沢 彰)

Facebook(野沢 理)

twitter

  • nozawa akira
  • nozawa osamu

facebook

最近の投稿

カテゴリー