洗濯 家事導線

洗濯したことない人が家事導線を語るな!家事ラク導線のための3つのポイント!

投稿日:2018年03月14日 作成者:


洗って、干して、寄せて、たたんで、しまって・・・。

これが休みなく一年365日・・・。
洗濯物は大変ですよね。

今、「男のあなたに何が分かるの!?」
って、思われた方・・・本当にそうだと思います。

毎日大変な洗濯。

建築業界=男の世界
私も建築に携わっています。
やはり今でもこのようなイメージを感じてしまいます。

私が感じているということは、
外から見ている皆さんは、よりそのような
イメージを抱かれていると思います。

数年前にリフォームを
させていただいたお客様との会話の中で、

とても印象に残っている話題があります。

その方は、
25年前くらいに新築で家を建てられて、
当時は、間取り、家事動線、仕様などなど、
一切、口を出させてもらえなかったとのことです。

現在まで、使いにくいのをずっと我慢して我慢して、
何とか使ってきたけど、水回りが調子悪くなったこの際に、
家事動線を考え、自分の使いやすい仕様にしたいとのこと。

その中で、でてきた話題が、

新築でもリフォームでも、

洗濯をほとんどしたことがない人が、
洗濯物干し場の設計をしている。

料理をほとんどしたことがない人が、
キッチンの設計をしている。

「それだもんで分からないんだよね~。」
…本当にその通りだと思いました。

例えば、
これを置き換えてみると、

サッカーをしたことがない人に
サッカーを教えてもらうの?

パソコンを使ったことがない人に
パソコンを教えてもらうの?

本当にこういうことだと思います。

これが当たり前に行われていたのが(行われているのが)
建築業界だと思います。

こんなことを言うと「あなたは?」と
聞かれることがありますが、
正直、私も毎日家事全般をしているわけではありません。

ただ、学生時代、社会人時代と、一人暮らしをし、
現在は結婚をして、二児の父親となりました。

平日は仕事でなかなかできませんが、
休みの日は家事を手伝い、大変さを改めて感じています。
そして、その負担を減らすことができたら
どんなに楽だろうとも思います。

家事ラク導線のためのポイント①:まずは夫婦二人共やってみる!

3年前に自宅を設計したときには、
全ての家事を改めてやってみました!

そして、
妻にたくさんの意見を聞きました。

家事動線に関しては、妻の要望、意見を
反映できるよう、何回もプランを考え、
納得してもらえる間取りになったと思います。

家事ラク導線のためのポイント②:それぞれの意見を書き出す!

難しいことは言いません!

やってみて感じたことを書き出し、
ノートでも何でもよいので、
二人で確認してみてください。

こんな単純なことで良いのです!

実際に僕たち夫婦で出た答えは、

・洗った洗濯物は重いから、洗濯物を干すのは1階に。階段の上り下りはしたくない。
・2階に干しても、結局は1階に持ってくることになるから大変。
・干して、寄せて、たたんで、しまうところは近い方がいい。
・雨に濡れない洗濯物干場が欲しい。
・できれば、LDKから見えにくい位置に物干し場が欲しい。
・室内干し場もあるといいな。ただし、部屋干しの匂いはイヤ。
・布団干し場も各部屋の近くに。

洗濯の家事動線だけでこれだけの項目がありました。
普段やってくれている妻の意見がメインですので、
間違いのない本音だと思います。

実際の設計でも、
平屋にて設計したため、重たい洗濯物を持って
の大変な階段の上り下りはありません。

屋根付の物干しスペースを設置したため、
突然の雨でも多少の雨ならそのまま干していても大丈夫。
もちろん日当たりも風通りも良い場所としました。

洗濯機、収納近くに物干し場を設置。
洗う、干す、しまうを三角形型に配置し、それぞれが
バランスよく近い位置にあるため、
家事負担低減できます。

また、作業時間の長いキッチンを中心に、
洗面所や洗濯物干し場を配置したため、

料理をしながら洗濯、料理をしながら洗濯物干しなど、
家事の効率がアップ。

このように家事動線について考え、
家づくりを進めていけば、洗濯だけでなく、
家事の負担を低減させることができます。

敷地、周囲の環境、日当たり、通風など各条件によって
家事動線は変わってきますが、基本的な考え方は、

家事をする方の負担をいかに減らすことができるか!

家事動線という目には見えない要素ですが、
毎日の暮らしの中で、とても重要な項目です。

家事ラク導線のためのポイント③:これらの意見を僕たちプロにぶつけてください!

箇条書きでも良いです。
チラシの裏でも良いです。

やってみた感想、
「ああしたい」「こうしたい」をすべて伝えてください!

悩みは十人十色。

一人一人に合ったプランを一緒に考え、
ご提案をさせていただきます!!

ご主人さん!(私も含め)

一度、奥様の気持ちになって、家事をしてみませんか?
より負担の少ない、快適な暮らしをすることができると思います。

私たち野沢建築は、

自然素材をふんだんにつかい、
「脱アレルギー」で笑顔あふれる暮らしを創る、
「笑顔あふれる暮らしのプランナー」として、
共に悩み、共に考え、皆様の家、暮らしをご提案しています。

野沢建築では「笑顔あふれるくらしづくりの資料」を無料でご用意しています。
資料をご希望の方は、こちらからご請求ください。
無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 洗濯 家事導線 | タグ: , | 洗濯したことない人が家事導線を語るな!家事ラク導線のための3つのポイント! はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:053-542-0328 受付時間:平日8:30~17:30(定休日:日曜)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

家づくりは「ライフプラン」、「資金計画」から! 無理なプランによる「夢を削る」家づくりではなく、今できる最大の「夢を膨らませる」家づくりをお施主様と共に考えていきます。 「好きなものに囲まれた暮らし」自然素材をふんだんに使った家づくり 株式会社野沢建築 3代目代表の野沢彰。4代目予定の息子理(おさむ)のアレルギー経験、アレルギーを持つ親としての私の経験。そんな経験を元に「同じ想いをさせたくない」。地元引佐で愛され、創業84年。地元密着の小さな工務店。

投稿者別

Calendar

2018年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(野沢 彰)

Facebook(野沢 理)

twitter

  • nozawa akira
  • nozawa osamu

facebook

最近の投稿

カテゴリー